保育ICT検定

保育ICT推進協会では、「保育ICT検定」を実施しています。

about

保育ICT検定とは


保育士の働く環境改善、こどもたちの安心安全、ペーパーレスによる経費削減・資源保全など、保育施設が抱える多くの課題を解決する手立ての1つとして、保育のICT化が多くの施設で取り入れられています。

一方で、
「保育システム担当者になったけど、何からしたら良いかわからない」
「保育のICT化をするとどう良くなるか、同僚にうまく説明したい」
「体系的にICT化の知識を身につけたい」
など、ICT化に課題を感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たち保育ICT推進協会は、保育のICT化に前向きに取り組まれている職員、施設の皆様を応援するために活動してきました。

保育のICT化に関する「能力の見える化」をすることを目的に、保育ICT検定を実施しています。

目的

人材育成
いま現場で必要とされているITの知識と、保育現場ならではの活かし方を、効率的に学ぶことができます
自走できる施設へ
多くの職員が受験し知識が備わることで、問題が起こっても自分達で解決する方法を導けるようになります
頑張る職員を後押し
施設内でICT化を進める先生、職員を応援したいと思っています

対象者

  • 保育者(保育施設関係者)
  • 保育とICTに興味のある方
  • 保育士を目指す学生

特徴

経験に基づいたノウハウ
これまで多くの施設のICT化を進めたノウハウから、保育現場で必要とされる知識を身につけることができます。
保育システムの知識も身に付く
初級を受験する方は、コドモン検定も同時に受験することができます。
※コドモン(全国で多くの導入実績がある保育システム)

コドモン検定とは

初級では、全国で多くの導入実績があるコドモンを例に、保育システムの基本機能などを取り上げることで、より実践的なICT化について学ぶことができます。
保育ICT検定初級とコドモン検定を同時に受験することができます。

各級の内容

初級

保育のICTの基礎的な知識を有するものが取得できるレベル。
例:ICTシステムを積極的な活用ができる。施設内のICT化プロジェクトに参画する。


試験内容


①ICTの基礎知識
②保育システムについて

受験料

無料
※養成校や各種団体などで、別途試験日を設けて実施する場合は有料です。料金はお問合せください。

中級

今後実施予定

上級

今後実施予定

受験の流れ

試験はウェブ上で行います。
インターネットに接続できるパソコン、タブレットなどをご準備ください。

申込

こちらのフォームから申し込み
(ウェビナーの申し込みは、施設単位でも個人単位でも構いません)

試験当日
  1. オンライン事前講座を受講(30分)
    同じパソコンで同時に受講していただいても構いません
  2. オンライン事前講座が終了したら、試験用WebページのURLをお知らせ(URL、QRコード)
  3. PC、タブレットまたはスマホから試験用ウェブページにアクセスし受験(選択式20問・約10分)
    受験時のメールアドレスは、それぞれ別のもの(個人アドレス等)で受験してください
合格者にメールで認定証をお送りします

合格基準

講座後の試験正答率65%

実施予定

初級

中級

coming soon…

上級

coming soon…

検定についての問い合わせはこちら